サンプル・懸賞・モニターランド♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆わたしのI'm PINCH体験☆

アイムピンチファンサイト応援中

あれは、忘れもしない私の19歳の誕生日の当日の事でした。

当時、私は、木造アパートの1階に娘と一緒に住んでおりました。
我が家の近くでパート勤めをしていた母が仕事帰りに毎日、寄って
くれていたのですが

その日もいつもと同じ時間帯で、いつもと同じような玄関の叩き方
だったので、当然のごとく母だと思った私は、確認もせず玄関の
ドアを開けてしまったのです。

そうです、木造アパートの玄関ドアには、のぞき窓などという
洒落た物はついていなかったのです。

玄関の前に立っていたのは母ではなく、それはそれは怖い顔をした
いかにもアッチ系の中年男性だったのです。

間違いなくそっち系の人だと思い込んだ私の頭の中はパニックに陥り
混乱する頭の中で「部屋には、生後4か月の娘がいるよ~。
娘だけは、何が何でも守らなきゃ~。」と思い

必死で「助けて~。」と叫ぶのですが、あのですね、人間って本当に
怖い目に遭った時に声なんて全く出ませんからね。よく2時間物の
サスペンスドラマなどで、真っ暗な夜道で後ろから、怪しい男性に
追いかけられた時に

女優さんが「キャ~、助けて~。」などと威勢良く叫んで走り
去ったりしますが、あんなの実際には無理ですってば。

何度も何度も心の中では叫びましたよ。でも、全く声なんて
出ないんですから。体は硬直しちゃうし、とにかくその男性の
目を見たまま、声を発する事も、体を微動だにする事だって
出来ませんでしたよ。

しばらく二人で見つめあった後、その男性、何て言ったと思います?

「覚えていない?」ですって。その男性、何と、私の遠い親戚の
おじさんだったんです。

私は、多分、ものすごい恐怖におののいた顔をしていたと思うんです。
ですから、その私の怯えた顔を見て、おじさんも相当驚いた
でしょうね。“何で、こんなに怯えた顔しているんだ?”って
訳が分からなかったと思うのです。

小さい頃に数回会っただけの人で、まるっきり顔なんて覚えて
いなかったんですね。私に娘が生まれたのでわざわざやって来た
との事ですが、本当にビックリしちゃいました。

これが、私の人生における最も怖くて恐ろしいピンチ体験で
ありました。

あの時の教訓として、どんな事があっても、玄関でチャイムが
鳴った時には、相手を確認してからドアを開けるようになりました。

あの時、相手を確認してさえいれば、あんなに怖い思いをしなくて
済んだのですからね。

それにしても、本当に思い込みってすごいものですよね。
ただの親戚のおじさまを勝手にアッチ系の人だと思い込み
一人でビクビク怯えていたのですからね。

そこの貴方も、必ず相手の確認をしてからドアを開けますよう
十分にお気を付け下さいませね♪

㈱未来★シワ・乾燥“かさかさ撃退”美容液★

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ピンチ記事をありがとうございます!

こんにちは。株式会社未来の阿部と申します。
Happyまみりん様いつもお世話になっております。
この度はとっておきのピンチ記事を誠にありがとうございます!
前半読んでいて本当にドキドキしてしまいました。^^;
まさか娘さんを見に来てくれた親戚のおじさんでしたとは…!
でも確かに今の時代、ドアを開ける前には
相手を確認したほうが良いですよね。
私も改めてそう思いました。

この度はご投稿誠にありがとうございました。
今後とも㈱未来をどうぞよろしくお願い致します。

[MIRAI]abe | URL | 2010/11/30 (Tue) 10:13 [編集]


★株式会社未来の阿部様

ご訪問&コメントどうもありがとうございます♪

はい、今でこそ笑い話ですが、あの時は
本当に怖くて、言葉が出て来ませんでした。
ドアの開け閉めは、本当に気をつけなければ
いけませんよね。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

Happyまみりん | URL | 2010/11/30 (Tue) 21:41 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。